サイトへ戻る

13歳、一人鍛鉄修行

体と心を強くするたくさんのチャレンジ

· 鍛冶,鍛鉄

鍛鉄をやりたいと2週間滞在してくれたのは、イスラエル人の13歳の男の子。

お父さんのお仕事の関係で数年東京に在住し、その滞在の最後に東京から一人電車で西粟倉へ。

一人で初めて会う人の家に2週間滞在するというのは、それだけで大きなチャレンジ。

新しく作り直していたガスの鍛造炉。完成するまで薪を割るのを手伝ってもらい(ハンマーの練習として)、溶接をしてみたり、木工でペンケースを作ったり。

待つのもチャレンジ。

そして完成した鍛造炉。何度も繰り返し打つ作業は体と精神を試される。

鉄を打つとはチャレンジ。

最後の数日は、両親と妹3人も来てくれて、肩の力を抜いて無邪気な13歳の顔をのぞかせてくれた。

やりたいことを学ぶために、たくさんのチャレンジをした彼。

技術の習得以外にも、きっと色んなことを学び、成長の場として選んでくれたこと、とても嬉しいです。今はイスラエルに戻り鍛鉄を続ける彼を、遠くから応援してます!

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK