サイトへ戻る

サインの重なりがタイミング

3人同じ年の子供ファミリーホームステイ滞在

· ホームステイ,ファミリー

我が家でのホームステイは、襖を挟んで寝るから寝息まで聞こえちゃうという、ホストとゲストの距離感。

距離を作れないから、オープンな関係で、お友達のように、家族のように、関うことが要求されちゃうこの環境に、飛び込んできてくれてありがとう!

さて、どうやって気軽にイスラエルに移り、日本に移ってこれたのかというような質問を受けたけど、最後まで答えられていなかった。

日本に来る前は、イスラエルに住んでた場所で突然家の周りを囲ってた木々が半分に切られ好きな環境が壊されてしまったことをきっかけに引っ越しを考え、リファがお父さんの仕事を継ごうという時に、仕事だけではなく人生の考え方が合わずうまく行かなかったり、ヨガ修行にインドに行きたくなったり、オズがまもなく1歳と、いろんなことが重なったのがタイミングだったと言いました。

ここからが続き、こういう外部的要因だったり、自分の中に引き起こされる気持ちや動きを「サイン」として気づくようにしています。

そしてこういったサインに気づき、抵抗せず流れに乗っていくようにしています。

諸行無常、自分も含め、変わっていくのが常だから、流れに身を任せればいいのだと思います。

 

それは宇宙の流れに乗ることで、宇宙のサポートを感じてやってきています。

とってもポジティブでオープンで陽気あふれるMさんと、一人ひとり個性のあふれる子供たち、このチームならどんな荒波も乗り越えられる!というかハネムーンから波乱を乗り越える指揮がとれるMさんがパートナーならかなり心強い!

人生短いので、体力のある40代で行動して、自分たちそれぞれの物語を描いて実現していきましょう。

Jさん、新しい年の始まりを私達と過ごしてくれてありがとう。Mさん、私達を見つけてくれて、みんなを連れてきてくれてありがとう!

私達もたくさんの刺激と、インタラクションでおこるいろんな考えや思いが発生している余韻を楽しんでいます。

また来てくれるの楽しみにしています♡

 

今回は、我が家と同じ7歳、3歳、7ヶ月の子供をもつMさんファミリーが滞在してくれました。

お互いに目を覚ます7ヶ月の赤ちゃんがいるから、他のみんなは寝てても、ママは赤ちゃんの声ですぐ起きちゃう。

隣の部屋でねてるから、おこしちゃって悪いなという思いと、浅い眠りが一人ではなく心強いという思い。

夜中でも何でも泣いたらいつでも助けてくれる存在、

ちょっとした赤ちゃんの変化に気付けるママ。

だからこそ、大きくなってわかってくれないママに苛立つ子供。

子供よ、ママもママという人間で、いつまでたっても赤ちゃんの時のような、繋がりを維持できないんだよー。

それとも期待をしなければ、維持できるものなのか。

それでもいつまでも繋がっているから、チームとしての指揮をとるのは、やっぱりママがいいんだろう。

などなど考えてたら寝れない夜でした・・・

7ヶ月のKくんはなんとノガと一日違い生まれ。

すでに座れるKくんとまだのノガ。

それでも出す音は同じ。笑う音、楽しい音、疲れた音、眠い音、抱っこしてーの音。

一週間前だったらノガが出せなかった音を、彼も出すのだ。

 

だからKちゃんの要求や状態がすごーくわかっちゃいました。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK